眉毛を自然な茶色にする!市販エピラットで眉毛のセルフ脱色

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眉毛は顔の印象を大きく変えるパーツの一つ

眉毛が黒々していて濃い!ボサボサ!って時に市販の「エピラット」で脱色すると

ナチュラルな茶色に仕上げることができます。

放置時間次第で茶色から金色まで脱色が可能なので、きちんと量と時間を守って自身の髪色にも馴染むちょうどいい色を目指しましょう!

まずは眉を整える

眉用コーム、眉用ハサミ、シェーバーを用意して眉毛を整えます。

整え方はユーチューブとかで調べるとたくさん出てくるのでそちらをご参照ください。

ここで絶対に

眉毛は抜かないでください!

眉毛を抜くと薬剤で炎症を起こしやすくなるのと、毛穴が広がってたるみの原因になります。

重い瞼になる可能性があるのでオススメしません。

また、脱色前に産毛等をシェーバーで強く当て過ぎるのも炎症の原因になりますので注意してください。

不安な方は産毛を剃るのを染めた後にしてもいいかもしれません。

やり方

箱の中身はこんな感じでA剤、B剤、専用トレー、ヘラがついています。

まずは髪の毛が薬剤につかないようにしっかりヘアバンド等で止めておきましょう

薬剤A、Bをトレーで混ぜんるんですけど、実はこれ説明書にも記載があるんですが眉用ではなくて本来は腕・足用の脱色クリーム。

説明書通りのA,Bを1:1の割合で混ぜて眉につけるとやや色が抜けすぎて金色に近い色になります。

薬剤A、Bは1:1.5くらいの割合でまぜると調度いいマスカラを塗ってるような自然な色になります。

量は眉が全体を覆って見えなくなるくらいの量

しっかり毛根の方まで塗ってムラがないようにします。

時々眉の毛並みに逆らって塗り込んだりすると奥まで薬剤が届きやすいです

一度にたくさんつけようとすると薬剤が目とかに垂れてきますので少しずつ付け足していくといいかもしれません

放置時間の目安は8分がベスト!!

いろいろ試しましたが8分が一番自然な色になりました

8分経ったらひとまずティッシュで拭き取ってからしっかり洗い流します

使用頻度

染めてから一ヶ月は全然持つ気がします。

私の使用頻度としては二ヶ月経たないくらいで染める感じ。

個人差もあるので様子を見て使ってください。

コスパとしてはかなりいいです。

足用でしっかり容量があるので眉毛の量で1、2回使ってもそうそう減りません。

それで699円。一年くらい無くなっていません。

The following two tabs change content below.
スキンケアとか健康食品などのおすすめを紹介してます。 女性男性共に、本気でダイエットしたい方、肌質を変えたい方の生活に役立つ情報をお伝えできれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする